HOME > タントリックスゲームパック > タントリックスの遊び方 > タントリックスストラテジーの遊び方

タントリックスとは?

タントリックスお問合せ

ゲームパックに入っているルールブックには、詳しい戦略などの解説が載っています。ここでは基本的は遊び方を紹介します。

動画を使った遊び方説明のページはこちらから。ゴー


<ゲームの目的>
自分の選んだ色の線で、一番長いライン、もしくはループを作ること

<はじめる前に>
56枚のタイルすべてを袋に入れます。それぞれのプレーヤーは袋の中身をみずに、1枚袋から取り出し、タイルの裏の番号を確かめます。番号が一番大きい人が最初にプレーする人となり、時計回りの順に進めます。さらに5枚ずつタイルを取り出し、合計6枚得尾各自の前に表向きに並べます。これが手持ちタイルとなります。手元には常に6枚の手持ちタイルがあるようにします。手持ちタイルはほかの人から見えるようにおきます。プレーヤーは自分の色を決めます(赤、青、黄、緑から選ぶ)

タントリックスの共通ルール

●線の色は必ずマッチしていること:
接するタイルの線の色は必ずマッチしている必要があります

●ループ(輪)はきれいな円でなくてもよい、ラインはまっすぐでなくてもよい:
ループはどんあ形でも、両端がつながり輪になっていればループです。ラインは直線ではなくても、同色の線がつながっていればラインです。

●「ゴブル」とは3つのタイルで囲まれたスペースのこと:ゴブルとは3つのタイルで囲まれたスペースで、ゲーム上で重要な役割を持っています。

ゲーム開始

一番目のプレーヤーが手持ちタイルの中から1枚をテーブルに出してスタートします。続いて、2番目以降のプレーヤーも以下のルールに従ってタイルを起きます。ゴブル(3枚のタイルでできたスペース、後述)が出来始めたら次の欄の「自分の順番が着たら」にしたがって進めます。

A) 手持ちタイルは常に6枚
手持ちタイルからテーブルに出すたびに、必ずタイルを袋から補充します。手持ちタイルは常に6枚になるようにします。

B) 接するタイルの色はマッチするように
場にタイルを出すときは、必ずテーブル上のタイルのどれかにつなげておきます。このとき、接するタイルの線の色はすべてつながらないといけません。

C) ゴブルがあれば、かならず埋める
ゴブルとは、3枚のタイルでできたスペースです(右図のAとBがゴブル)。自分の順番の時、ゴブルに当てはまるタイルが手持ちタイルにあるときは、必ず出さなければなりません。

自分の順番がきたら

自分の順番がきたら以下の3ステップですすめます。

1、ゴブルを埋める
テーブルにあるタイルで埋まっていないゴブルを確認。手持ちタイルに該当するタイルがあれば、必ずゴブルを埋めます。ゴブルを埋めることで、また新しくゴブルが出来たら、それも該当タイルを確認。(タイルを出したらすぐに新しいタイルを補充して手持ちタイルを6枚にするのを忘れずに!)

2、フリータイルを置く
次に手持ちタイルから1枚のみ、自由にタイルを置けます。フリータイルは1回の順番に1枚のみなので、慎重に。線の色が合い、後述の3つの禁止ルールに触れないところにおきます。(ここでもタイルを補充するのを忘れずに)

3、再びゴブルを埋める
フリータイルの後、もう一度埋められるゴブルがないかチェック。先ほど補充したタイルがゴブルにはまるかも?フリータイルでできた新しいゴブルが埋められるかも?自分の置けるタイルがもうない、とわかったら次の人の番です。

3つの禁止ルール

以下は3つの禁止ルールで、このようにタイルを置いてはいけません。この禁止ルールは、袋の中のタイルがなくなった時点で解除されます(後述のエンドゲーム参照)

1、同じ色が3本:
3本とも同じ色で囲まれているスペースは作れない(該当するタイルがないため)

2、タイル4枚でできたスペース
4枚以上のタイルで囲まれるスペースは作れない(該当するタイルが極端に少ないため)

3、コントロールサイド
右のようにゴブルができた場合は、A(ゴブル)が埋まらない限り、B、C、D上にはタイルが置けません。この列をコントロールサイドと呼びます。B、C、Dにタイルを置いてしまうと、タイル4枚のスペースが出来てしまい、禁止ルール2に反するためです。右の場合、Aが埋まってから順にB、Cがゴブルとなり、タイルを置くことができるようになります。そのため、なかなかタイルがこない、ラインが思わぬ方向につながってしまった、ということや、逆にとんとん拍子にラインが伸びることもあり、運が大きく影響します。

 

エンドゲーム

袋の中の最後のタイルを引いた人は袋が空になったことを皆に伝えます。ここからはエンドゲームと呼ばれ、3つの禁止ルールが解除されます。同じ色の線3本で囲まれたゴブルや、4枚以上のタイルで囲まれるスペースを作ることも可能です(エンドゲームでも「ゴブルを埋める」というルールは生きているので、ゴブルに該当するタイルがあればゴブルを埋めなければなりません)。

ゲーム終了

すべてのタイルがなくなった時点でゲーム終了です。先にタイルがなくなったプレーヤーはほかのプレーヤーが終了するまで待ちます。
各自で自分の色の一番長いラインかループのタイル数を数えます。ラインはタイル1枚1点、ループは1枚2点です(10枚でできたループは20点)。得点の大きい人が勝ちです。平均勝利点は約23点といわれています。

よくある質問

Q ゴブルに該当するタイルがないときは?
A 「自分の順番がきたら」の1でゴブルに該当するタイルがない場合は、そのまま2の「フリータイルを置く 」に移ります。そのあともう一度、ゴブルに該当するタイルがないかチェックをわすれずに。

Q ゴブルに該当するタイルを置いたら、隣にできたスペースが3本同じ色になってしまう場合は?
A その場合は禁止ルール1にあたるので、そのタイルは置けません。エンドゲーム中は例外です。

Q 不利になるタイルがありゴブルに置きたくなりのですが・・・
A ゴブルに該当するタイルがあるときは、3つの禁止ルールに反しない限り(エンドゲーム中は例外)必ず置かなければなりません。

 

 

動画を使った遊び方説明のページはこちらから。ゴー



ディスカバリタントリックスゲームパックは、オンラインショップのほか、全国のタントリックス取り扱い商店にてご購入いただけます。

オンラインショップでいますぐ購入 ゴー




 
Copyright©2009TANTRIX JAPAN All rights reserved.
タントリックスタントリックス・ホーム会社案内サイトマップお問合せタントリックスとは?オンライン・タントリックスタントリックス日本記録タントリックスの購入タントリックス・プレイヤーの広場世界のタントリックス・イベントリンク集